お問い合わせ
障害者に対する虐待防止について

障害者に対する虐待防止について

 
以下のような行為は、障害者への虐待行為です。不適切な支援から傷害罪などにあたる
犯罪行為まで様々ですが、いずれも障害者の人権の重大な侵害であり、絶対に許される
ものではありません。

1.〔身体的虐待〕
暴力や体罰によって身体に傷やあざ、痛みを与える行為。
身体を縛りつけたり、過剰な投薬によって身体の動きを抑制する行為。
【具体例】平手打ち、殴る、蹴る、壁に叩きつける、つねる、無理やり食べ物や飲み物を口に入れる、やけど、打撲させるなど。
身体拘束(柱、いす、ベッドに縛り付ける、医療的必要性に基づかない投薬によって動きを抑制する、ミトンやつなぎ服を着せる、部屋に閉じ込める、施設側の管理の都合で睡眠薬を服用させるなど)

2.〔性的虐待〕
性的な行為やその強要。
(表面上は同意しているように見えても、本心からの同意かどうかを見極める必要がある)
【具体例】性交、性器への接触、性的行為を強要する、裸にする、キスをする、ご本人の前でわいせつな言葉を発するまたは会話する、わいせつな映像をみせるなど。

3.〔心理的虐待〕
脅し、侮辱などの言葉や態度、無視、嫌がらせなどによって精神的に苦痛を与えること。
【具体例】「バカ」「あほ」など障害者を侮辱する言葉を浴びせる、怒鳴る、ののしる、悪口を言う、仲間に入れない、子ども扱いする、人格をおとしめるような扱いをする、話しかけているのに意図的に無視するなど。

4.〔放棄・放置〕
食事や排せつ・入浴・洗濯などの身辺の世話や介助をしない、必要な福祉サービスや医療や教育を受けさせない、等によって障害者の生活環境や身体・精神的状態を悪化、または不当に保  持しないこと。
【具体例】食事や水分などを十分に与えない、食事の著しい偏りによって栄養状態が悪化している、あ まり入浴させない、汚れた服を着させ続ける、排泄の介助をしない、髪や爪が伸び放題、室内の掃除をしない、病気やけがをしても受診させない、学校に行かせない、必要な福祉な福祉サービスを受けさせない、制限する、同居人による身体的虐待や性的虐待、心理的虐待を放置するなど。

5.〔経済的虐待〕
ご本人の同意なしに(あるいはだますなどして)財産や年金、賃金を使ったり勝手に運用し、ご本人が希望する金銭の使用を理由なく制限すること。
【具体例】年金や賃金を渡さない、ご本人の同意なしに財産や預貯金を処分・運用する、日常生活に必要な金銭を渡さない・使わせない、ご本人の同意なしに年金等を管理して渡さないなど。

携帯用QRコード

携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。

社会福祉法人太田松翠会 かなやま学園モバイル

お問い合わせはこちら